ジェーソン・ジャンニ(Jason Gianni)ドラム専攻 教職員

ニュージャージー出身のドラマー/著述家。ペンシルベニア州立大学でパーカッション演奏で音楽学修士を取得。デラウェア大学でパーカッション演奏で音楽学学士を取得し、ジャズ学を副専攻した。ニューヨークのドラマーズコレクティブ総合音楽院でも学び、著名なオラシオ・エルネグロ・エルダンデス(Horacio “El Negro” Hernandez)、クレイトン・キャメロン(Clayton Cameron)、マイク・クラーク(Mike Clark)、キム・プレインフィールド(Kim Plainfield)らと学び研鑽を積む。

1996年にサンフランシスコに移った後、ベイエリアのミュージックシーンでプレイヤーとして活躍した。ここで、エリック・マーティン(Eric Martin (Mr. Big))、トレント・ガートナー(Trent Gardner (Magellan))、伝説のビッグバンドドラマーのルイス・ベルソン(Louie Bellson)、スイングバンドのニュー・モーティ・ショー(the New Morty Show)、ミーガン・スランカード・バンド(the Megan Slankard Band)、タワーオブパワーとサンタナ(Tower of Power & Santana)のメンバー、ベーシストのカイ・エクハルト(Kai Eckhardt)、エスコヴェードファミリー(the Escovedo family)のメンバー、サルサ、ジャズ、ファンクのアンサンブルなど、多くのアーティストと共演した。ベイエリアで人気のロックバンドMiGGsで6年間ツアーメンバーとして過ごす。2005年、MiGGsは二作目にあたる、Insomniaと作品をレコーディングし、33rd Street Recordsと契約し、ガビン・マッキロップ(Gavin MacKillop)(Toad the Wet Sprocket、Goo Goo Dolls、Sugarcult)がプロデュースした。

2003年、プログレッシブロックアーティスト、マゼラン(Magellan)のCDで、InsideOut RecordsからリリースのImpossible Figuresに、主演ドラマーとして参加した。セッションドラマーとして、Toyota、Discover、McDonalds、Showtime、the Oakland Athletics、Izusu、Polaroid、the California Lottery、PBS、Sprint、Capital One、Foster Farms、Blue Shielなどのテレビやラジオのコマーシャルを多数レコーディングした。Disney Channelで毎週放映のHannah Montanaというヒットショーの毎回の放送でジェーソンのドラムを聴くことができる。また、ニコロディオンの子供向けアニメ、Spongebob Squarepantのオープニングソングのドラムをジェーソンが演じている。

ベイエリアのカリフォルニアのサンマテオとヘイトアッシュベリーミュージックセンターの両方で個人レッスンを実施してきた。

著述家としては、彼の著述(「ジングルドラミング」を特集した記事を始めとし)が雑誌Modern Drummerに何度も掲載された。

また、標準のドラム曲として約400例掲載している一般用ドラムスタイルのガイドブックであるThe Drummer's Bibleの共著者である。グルーヴと実際場面での変化を取り上げ、現代のドラムセットのプレーヤー向けのほぼすべてのポピューラ音楽ジャンルの歴史と発展の概要を記述している。詳しい情報は、http://www.drummersbible.comで得られる。間もなく公開される音楽ウェブサイト、Musicplayers.comのドラムの編集者である。

2006年の夏、生まれ故郷であるニューヨークに戻った。2006年の9月から、ドラマーズコレクティブ総合音楽院の教員となり、クラス、個人レッスン、指導/拍子クラスを受け持つ。現在、10週間の専門選択コースで、プログレッシブロックを担当して、上級リズムワーク、変拍子研究、オスティナートソロ、そしてその他の内容を指導している。ドラム商品については、Paisteシンバル、Remoドラムセット、Vic Firthステックを推薦している。

担当科目

認定プログラム B – Rock
Elective Intensive Program – プログレッシブロック

日本人スタッフがあなたをサポート!

学校やニューヨークでの生活、学費、留学のこと等、気になる点やご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください!

PAGE TOP