ジョン・アミラ(John Amira)ドラム専攻 教職員

キューバとハイチの伝統音楽と民族音楽のドラマーで40年を超える経験を持つ。画期的な出版物である「サンテリーアの音楽-バタードラムの伝統的リズム(The Music of Santeria: Traditional Rhythms of the Bata Drums)」の著者でもある。これまでに数多くの一流アーティストと、そして著名な作品で活躍する機会に恵まれた。音楽では、セリア・クルス(Celia Cruz)、ルース・フェルナンデス(Ruth Fernandez)、ティト・プエンテ(Tito Puente)、エメリーヌ・ミッシェル(Emeline Michel)、舞台では、「A Season in The Congo」、「Shango De Ima」、映画では、「Putney Swope」、「Fighting Back」、「American Gangster」、テレビとラジオで多数、レコーディングでは、ラテンやジャズなどの多くのバンドを共演した。さらに、教育者として、The Hartt School of Music、New England Conservatory、Julliard、Yale、New York University、Mannes,、New School、Duke、Bates、Occidental、Middlebury、Kentucky State、Naropa、Drummer’s Collective、Brooklyn Academy of Music、The Museum of Natural History、KoSA International Percussion Workshopなどの大学や教育機関で指導し演奏した。ニューヨーク在住でニューヨークを拠点にコンガやバタードラムを指導。

担当科目 コンガ実習

日本人スタッフがあなたをサポート!

学校やニューヨークでの生活、学費、留学のこと等、気になる点やご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください!

PAGE TOP